Pertsovka #blog

商品とか色々試したレビューとか「誰かしらの役に立つはず」と思っています

PC Maticを使っています 「Shieldエンジンのワークフロー」

保護レベルの違い、Shieldエンジンのワークフローについて、入手したパッケージ添付冊子を確認すると比較的わかり易いと思った図が記載されていたので、それをご紹介します。

Shieldエンジンのワークフロー図

f:id:Pertsovka_2011:20170723070127j:plain

写真の「ワークフロー」は、PC Maticのサイトにpdfファイルがありますので、見難い場合は、そちらをご確認ください。

https://pcmatic.jp/pdf/PCMatic_Compact_manual.pdf

 

この記事の続きになります。

 

通常は「スーパーシールド保護(ホワイトリスト保護)」です。

これをユーザー判断で「ブラックリスト保護(一般的な保護)」に変更できます。それより下には出来ません。

最初に出した写真の図を見ると「ブラックリスト保護」に落としてそこをスルーしても、「ヒューリスティック」は働くのですね。まあ「ヒューリスティック」なので、本当に万が一・・・という考え方になるのだと思います。だから「ブラックリスト保護」未満には落とせないのかと思います。ノーガードになってしまう・・・

ヒューリスティックとは - はてなキーワード

(2017/8/11 大切な追記)

今更ながら見返すと、

「ホワイトリストもブラックリストにも確認できないアプリで、ヒューリスティックでも判断できなかったもの」を遮断して送信されてチェック・判断される・・・のだと思います。

PCを最適化してチューニング&セキュリティを保つのに超絶特化してほぼ全自動でOKな「PC Matic」を実際に使ってみたレビュー - GIGAZINE

※これ1ヶ月も前の記事じゃん・・・orz

 

 

保護レベル変更

保護レベル変更は、アイコンを右クリックして出てくるメニューから。

f:id:Pertsovka_2011:20170723070946j:plain

10分、60分の休止、再起動後まで停止という項目が見えますが、アプリケーションインストールなどの場合に利用するのかもしれません。

  

【ご参考】

私が今までに使用したことがあるセキュリティソフトは、以下のものです。

※WindowsやMacのデスクトップ限定

・ウイルスバスター(すごい昔に、Windowsで使用)

・ノートン(WindowsでもMacでも使用)

・F-Secure(Windowsで使用)

・ESET(Windowsで使用)

 不具合問い合わせ経験あり、真摯に対応してくれました。

・Kaspersky(Windowsで使用)

・Webroot(Macで使用、不具合で断念)

 不具合問い合わせに、対応してくれました。

・Bitdefender(WindowsでもMacでも使用)

 不具合あったけど、英語なので問い合わせできす。

・ClamXav(Macで使用)

 ライセンス購入のため、拙い英語で問い合わせ。

こう振り返ると、メジャーマイナーに関わらず使っているかと思います。特にMacは、10.6 Snow Leopardくらいのころは、あまりセキュリティソフトを受け付けてくれなかったため、ClamXavやStoreから導入できたBitdefenderを利用していました。

 

PC Matic。よろしければ、ご検討ください。

 

 

【おまけ】

画面には一切出ませんが「早坂まもり」ちゃんが守ってくれます。 この夏もコミケに出るそうです。

f:id:Pertsovka_2011:20170723064421j:plain

ん?「マチコ・デラックス」・・・

【企画広告】社主が訊く『PCまちこ(仮)』(前編)

「くおえうえーーーるえうおおお!!!」・・・

【企画広告】社主が訊く『PCまちこ(仮)』(後編)