Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

例え造花でも、供える気持ちを

私事ですが比較的若い頃、27歳の時に母を亡くし、ぶっちゃけ「出来た息子」では無いのですが、自分の子供も大きくなり自身が50歳に近くもなると、お墓の様子も気になります。自覚が遅いかもしれないのですけど

そう頻繁に見に行くことは出来ませんが、出来る限り少しだけでも見栄え良く・・・と思い、昨年から造花を飾るようにしています。

(それまではどうしていた?・・・まあ色々とある訳です)

 

お供えの花 

今年お供えした花は、こちら。山久さんのもので、遠目には本物に見えます。

(さすがにお墓は写せません)

f:id:Pertsovka_2011:20170803131035j:plain

こちらで購入しました。

 

1年経過の様子 

ちなみにこちらが、昨年お供えしたもの。ほぼ1年経過で少し色褪せてしまってますが、ボロボロになるような状態ではありません。

f:id:Pertsovka_2011:20170803131052j:plain

 

周りの草むしりと、お線香と、このくらいのことしか出来ませんが。