Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

Opolar LC06 吸引式冷却ファン 使用レビューまとめ

パソコンやゲーム機などは稼働中に発熱しますが、それを少しでも下げたい手段として、外付けの冷却ファンがあります。比較的安価な Opolar LC06効果確認を数値で実施していますので、利用を考えている方の参考になればと思います。

 

一報目

  • ノートPC用の冷却ファンです
  • 初回の確認日は、4月中旬です。設置によりパッケージ温度55℃を40℃に下げることができ、冷却効果は15℃程度でした。
  • 温度の確認はintel power Gadgetです

    Intel® Power Gadget | Intel® Software

www.pertsovka.com

 

 二報目

  • 取り付けは、幅が合えばノートPC以外でも可能でした
  • 今回の確認日は、5月上旬です。設置によりパッケージ温度65℃を45℃に下げることができ、冷却効果は20℃程度でした。なお測定中は、一定の負荷(7~12W)をかけるようにしています。

www.pertsovka.com

 

三報目

夏になり、比較的暑くなってからの確認になります。

  • 気温の上がった7月下旬の確認です(やや涼しめの朝でした)
  • パッケージ温度70℃を50℃に下げることができ、冷却効果は同じく20℃程度でした。なお測定中は、前回同様に一定の負荷(7~12W)をかけるようにしています
  • 気になる点としては、吸引式のため埃を吸い込んでしまうことです

www.pertsovka.com

 

補足 

二報目で「音が気になる」と書きましたが、自動設定の起動時に独特の音がなるためのようです。最近は暑くなったからか稼働しっぱなしなので気になりません。この辺は個人差があると思うのですが、私の感覚では気にならない程度の音です。

 

三報目で「ホコリを吸い込んでしまう」のが気になると書きましたが・・・周りをちゃんと掃除しましょう。掃除します・・・

(2017.10.14追記)

穴という穴にホコリがトラップされていたので、涼しくなったこともあり外しました。でもパッケージ温度は60℃超えてますねぇ・・・後ろでBOINC動いてますし。

f:id:Pertsovka_2011:20171014080910j:plain

記事を書いているときのパッケージ温度