Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

ドラゴンクエストと人生の歩み (ちょっと大げさ?)

このツイート1977年の間違いです。はい・・・

 

とてもおもしろい内容だったので、お時間あれば一読して欲しいものです。ログインしないとダメですけど、(登録必要ですが)無料なので。

人は生まれる前の歴史は伝聞でしか知ることはできないが、生まれた後の歴史は体験として知っている。ドラクエは、まさに自身の歴史に深く刻まれてきた。 

上の青文字は、記事から引用です。自分の場合を書き出してみました。 

私が高校生のころが、スーパーマリオブラザーズで爆発的なファミコン全盛期。翌年がドラゴンクエスト。そりゃ浪人しちゃうよな(言い訳です、はい・・・)

歴史変遷

西暦と私の年齢、経歴。ドラクエシリーズなどをまとめてみました。赤字が実際にやったものです。

f:id:Pertsovka_2011:20170810113011j:plain

勇者の世界へ

ドラゴンクエストの発売とほぼ同じくして、ファミコンを買ってもらった覚えがあります。アクションゲームよりも、この手のロールプレイングゲームのほうが自分に合っていました。反射神経そんなに良くないので・・・

高3、浪人、大学1年でもやっている。 思い返すと、受験が控えていたのに馬鹿ですねぇ・・・ちょうどいまそのへんの年齢の長男がゲーム好きでハマるのは、俺の遺伝子影響も大いにあるだろうなぁ。

恥ずかしながらAI(人工知能)という言葉を最初に認識したのはドラクエIVだ。 

1990年でしょ。これ、全然「恥ずかしくない」と思うのですが。

私はもっぱら、スピードと戦闘力を上げてさっさと倒す先手必勝タイプ、「ガンガンいこうぜ!」が好きだったので、ピオリムとバイキルトを活用していたのを覚えているなぁ。ググること無く、頭の中から魔法が出てくる(笑)

 

ドラクエを最後にやったのは「幻の大地」で、ラスボスのデスタムーアが倒せず止めた記憶がある。「こんな(力の差)やってられるか!」だったかな?

ファイナルファンタジーへ

そしてこうして並べてみると、興味がファイナルファンタジーへ移ったのだな・・・と思いました。ファイナルファンタジーでは、幻獣や召喚獣の映像を(特にカミさんが)気に入って、それが好きでやっていた記憶があります。

ゲームから離れた 

ファイナルファンタジーX-2の途中で止めたはず。

ちょうどこのころに競馬(IPAT加入)しているので、興味がそちらに移ったのだと思います。加えて、仕事の影響も大きくあったかな。あまり家にいなかったので、ゲーム機の前で落ち着く時間みたいなものが少なかったような記憶があります。

 

その後は仕事がとても忙しく(競馬に時間を費やすも)ゲームをやるような興味もなく、そして(人生の転機とどん底)を経て、現在に至る・・・か。

自分の歴史を振り返れますね。

そして今は息子が 

ここ最近は、長男が3DSでモンハンやWiiでスプラトゥーンをやっている(正しくは、やっていた。今はもうタブレットでのゲームがメイン?) 長男はアクション系のほうが好きだし得意なのだよなぁ。後ろで見ているとセンスがいい(ように思う)

長男が今の私と同じ年になるころには、その歴史を振り返・・・らないな。