Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

バッテリー交換から7ヶ月経ちました

きっかけ

ブログを始めた「きっかけ」というのも何ですが、何かを知りたくてネットで調べて情報を得ても、長い目線でその後どうなる?」というのを具体的に知りたい・・・けど、そういう内容を見たことがあまりないと思っています。そのへんは個人の性格だと思いますが・・・そう思っているので、以前書いた内容に補足してゆくように考えています。

その一つが、この「バッテリー交換関係」です。

バッテリー交換後、7ヶ月経過

この記事の続きになります。

www.pertsovka.com

電圧チェックに用いているのは、下のBAL デジタルバッテリーテスターNo.1723です。車内のシガーソケットに接続することで、簡易に電圧測定が出来ます。

バル(BAL) デジタルバッテリー&オルタネーターテスター No1723

電圧チェック

前回測定から4ヶ月。交換からは、7ヶ月が経ちました。なお測定は、少なくとも走行後12時間以上経ってから行っています。キーを差し込んだだけのACC. off (無負荷)と、エンジン始動前のACC. onを測定しています。もう少し細かく言うと、ACC. onにすると電気系統の通電により一旦電圧が下がるので、それが復帰・安定した後に測定しています。

ACC. offの状態も測定し把握していますが、エンジン始動に必要と思っているACC. onの状態に注目しており、7ヶ月経った現在でも12V以上あることが確認できました。

f:id:Pertsovka_2011:20170814140420j:plain

 電圧推移のグラフ化

交換後からの電圧値推移をグラフ化しています。ここまで7ヶ月間、安定していると思います。

f:id:Pertsovka_2011:20170814140454j:plain

今回購入し交換したバッテリーの品質が良かったとか、気温が高いので性能維持にはあまり影響しないとか、幾つか理由が考えられると思いますが、性能維持のために一工夫もしています。

性能維持装置(のほうが良くない?)

1月4日の記事にも書いてありますが、今回のような「バッテリーの突然死」では今後も困ってしまうので、エルマシステムさんの「バッテリー寿命延命装置のびー太 12V用 NV-12」を取り付けています。この名前、寿命延命より性能維持のほうが良くないですかね?

これを付けていないデータがないので判断は難しいのですが、ここまでの結果からすると効果はあると考えています。微妙でしょうかね?

f:id:Pertsovka_2011:20170104114125j:plain

取り付けなどについては、1月4日の記事に。

www.pertsovka.com

念のため、Amazonですが商品リンクはコチラになります。 

 

バッテリー性能が落ちるのは気温の低い冬季らしいので、1年後以降の状態変化に注目したいです。でもまあ、何もしない状態でも最低2年は維持してくれないと商品としてはダメだと思うのですけどね・・・