Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

無線LAN中継機の買い替え 効果比較の提示は難しい・・・が

常時接続しているわけでは無いですが、うちの無線接続機器は4人で13台あります。比較的多いでしょうかね。

無線LAN中継器の設置

無線LAN親機の設置位置を最適(?)といわれる家の中央にすることは出来ず、端にあり、ほとんどの端末まで障害物がある、階が違うことなどによる影響はどうしようもないこと。そこで2015年に初めて中継機を購入した。効果ありましたねぇ・・・

でも最近、親機から比較的離れた部屋からのネットが途切れるなど無線環境が悪くなった・・・とのことから、再度見直しをしました。そのお話です。

 

今まで使っていたもの

IODATA WN-G300EXP

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 中継機 Nintendo Switch 動作確認済 11n コンセントタイプ 土日サポート WN-G300EXP

 たぶん2015年当時は、まだ品揃えがこれしか無かったと思います。5GHzのacには対応していないタイプです。これはこれで、簡易で良かったのですが。 

 

今回買い換えたもの

TP-Link RE305

TP-Link 無線LAN中継機 11ac対応 11ac/n/a/g/b 867+300Mbps ハイパワー コンセント直挿し ブリッジ(APモード)付き 3年保証 RE305

こんな感じに設置しています。前任期と違い、コンセントは塞がれてしまいますね。 ちなみに設置は(わたし的には)簡単でした。スマホアプリを使っての設定です。

f:id:Pertsovka_2011:20170820211603j:plain

 「接続環境はどうなったか?」という結論から言うと、変えた効果はありました。具体的に示すことが出来ないのがもどかしいですが、何が違うのだろう?と考える事数日。

 

消費電力の差?

WN-G300EXPの諸費電力、最大で2.4W

f:id:Pertsovka_2011:20170820212400j:plain

一方のRE305の消費電力は7.3Wと、約3倍。理由はこれじゃないかと。

 

TPLinkさんの中継器には種類が多くあって、RE200, 305, 450の型式は順に6.5, 7.3, 9.0Wと消費電力が大きくなる。大きくなるほどハイパワーと記載されている。(お値段も高くなる。)今回良くなった理由は、これじゃないですかね?

消費電力が高いとエコでない・・・と思いとはます。稼働中のRE305は、触るとほんのり温かいし。

でもそれ(消費電力)と回線品質が悪くなってしまうのを秤にかけると・・・回線品質を選びました。とりあえずうちの環境では、9Wまでのハイパワーは必要なさそう。

 

まとめのヒトコト 

中継器を選ぶ際は、消費電力に注目するのも大切かもしれません・・・というお話でした。

(具体的に良くなったという表現は、電波強度などを測定すればよかったかなぁ?)

 

蛇足?

この中継器に変更する前に、親機を変更しました。

Apple AirMac Extreme ME918J/Aから、NEC Aterm WG2600HP2への変更です。

つながりにくくなった原因の一つとして、親機と中継機の相性?も考えたのですが、機械的ソフト的相性ってのがさっぱり分からず断念。

ちなみに消費電力は、AirMacが(不明)Wに対して、WG2600HP2は最大32Wとたぶん大きくなっています