Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

冬の電気代を安くできないか?考えてみた・・・その「下調べ」

季節に見合ったもの(PCの後付クーラー)が読まれるのだなぁ・・・じゃあ季節を先取りした感じのものを書いたら良いのかもしれない、と思っています。

 

うちは平成15年、2003年に新築した戸建ての「オール電化」です。お風呂などの給湯のために、HITACHIさんの電気温水機を入れています。容量560L・・・当時はこのくらいは必要と思っていたが、今では大き過ぎだなぁと思っている。今の商品ラインナップ、460Lが最大ですし。

電気温水器:機種選定の目安:日立の家電品

夏と冬で大きく電気使用量が変わるので、そこをなんとか出来ないか?と考えています。もうすぐ15年になるのだから機械的に更新を考えて良い頃なのかもしれないが、後述する数字から性能を考えると「更新はまだかな」とも思っている。

今回のテーマは「冬の電気代を安くできるないか?考えてみた」です。高くなる理由は?安く抑える方法は?を引き出したい。できるならば・・・ですが。

ただ、その「下調べ」まででくたびれてしまった。結構なボリュームだ。

 

先ずデータ収集

データを集めるため毎月の「使用量のお知らせ」を、Evernoteとかにポイッと入れておいた。掘り返すと、2013年4月まであった。これでも物持ちが良い方かもしれませんが、もっとしっかり取っておけばよかった。せめてあと3年、2010年から欲しかった。

最近は、といっても自分は多分2014年ごろからの利用ですが、便利なのはウェブで見れるデータでしょう。東京電力さんの「でんき家計簿」に入ってます。

でんき家計簿 でんき家計簿とは

 

スマートメーターも2015年中頃の、おそらく比較的早めに導入しました。これが始まるというニュースを見ていて、始まったら直ぐに申し込んだ記憶があります。その記事を探そうと「スマートメーター」でググると・・・あら、いろいろアレなのですね。

 

年間電力推移、夜間のみを4年分

2013年4月以降の、夜間電力の推移をグラフ化しました。寒くなる11月ごろから上がり始め、2~3月にピークになる。

f:id:Pertsovka_2011:20170827224016j:plain

 

夜間の「湯沸かし」に電気を大きく使うのだが、この季節変動、最初は単純に気温が下がるからでしょ、と思っていました。でも気温よりも「水道水温度」が大きく影響していると気づいて、水道水温度の数値変化と並べてみました。水道水温度は、東京都水道局のデータ(平均値)から引用です。東京在住ではないのですが、数値データをここでしか見つけられませんでした。

トピック第3回 水道水の水温 | 水源・水質 | 東京都水道局

f:id:Pertsovka_2011:20170828060909j:plain

水が冷たくなれば、一定温度まで温める電力は大きくなっている・・・です。

 

さて、ここから「冬の電気代を安く出来ないか?」を考え出すことができるか?