Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

冬の電気代を安く出来ないか?考えてみた・・・計算

ぶっちゃけ考えている結論は、

電気温水機を保温強化したら、冬の電気代安くなるんじゃない?

なのですが、それを予想できるかどうか?なのですよね。

 

この続きです。

季節差の計算

f:id:Pertsovka_2011:20170829210845j:plain

2015年の9月の夜間電力 545kWh

2015年の12月の夜間電力 866kWh (1.6倍!)

その差は、321kWh

月30日として30で割って、10.7kWh/日

 

 

電気温水機の加熱用に6.4kWのヒーターが入っているらしいので、

10.7[kWh/日]÷6.4[kW] ≒ 1.7時間/日

この9月と12月で、1.7時間ほど運転時間に差があるはず。

で、その当時の状況を保管してあったので比較してみる。

(これをたまたま保管してあったので、2015年の9月と12月の比較なのです)

f:id:Pertsovka_2011:20170829210644j:plain

おー、合ってるじゃん!計算できているね。たぶん・・・

 

沸かす前の温度予想

2015年の9月の夜間電力 545kWh、30で割って18.2kWh/日

2015年の12月の夜間電力 866kWh、30で割って28.9kWh/日

 

温水機560Lの水を18.2kWh使って上げている温度は、28.0℃

(860kcal*18.2=15,652kcalだから、15,652/560で・・・)

同じく、28.9kW使って上げている温度は、44.4℃

 

湯沸かし設定が低(約75℃)なので、

9月は75-28.8 ≒ 46.2℃からの湯沸かし

12月は75-44.4 ≒ 30.6℃からの湯沸かし・・・のはず。計算上は。

f:id:Pertsovka_2011:20170829221600j:plain

足される水の温度が10℃近く下がって、温水機内が15℃も下がるのか・・・

 

ピーク時の計算

電力ピークの2月とかは1100kWh/月なので、36.7kWh/日

36.7kWhで上げている温度は、56.4℃

75-56.4℃ ≒ 18.6℃からの湯沸かし!

これ本当かな?こんなに下がるのかなぁ???

 

温水機に残っている水(の温度)も、かなり冷めているのでは?

それを抑えられれば、電力少なく≒電気代安くできるんじゃね?

・・・と思うわけです。

 

あまり自信ありませんが、保温する方法を考え中です。