Pertsovka #blog

考えたことや試したレビューとか "ストック型記事” のブログです

ランニング中の心拍数測定 GARMIN(ガーミン) プレミアムハートレートセンサー

普段から遅筆なのに「多忙」のためしばらく何もできませんでしたが、やっと落ち着いたので更新したいと思います。その「多忙」の内容でもある「転職」について記事になると思い書きかけたのですが、あまりにも膨大でまとめが難しい。

最近購入して試しているものは、 ランニング中の心拍数測定です。

GARMIN(ガーミン)プレミアムハートレートセンサー 

f:id:Pertsovka_2011:20180529125221j:plain

心拍数センサー

こちらの商品になります。GPSは220Jを使用中。 

GARMIN(ガーミン) プレミアムハートレートセンサー 1099710

GARMIN(ガーミン) プレミアムハートレートセンサー 1099710

 

  

 

私の体格など 

ちなみに私の体格は、身長 179cm, 体重 80kg程度(やや太め)のBMIで表せば25を超えてしまう、やや大きめ。

そして安静時の心拍数は50程度で、昨年末(2017年12月)の健康診断において47bpmのため「洞性徐脈(どうせいじょみゃく)」と診断されました。最近受けた検診でも再度言われたので、ランニングの継続効果かと思っています。体質改善されているなぁ

f:id:Pertsovka_2011:20180530111024j:plain

2017年12月の健康診断結果より

測定結果

普段週末に走る10km程度の距離で確認しました。添付する画像は、iPadのGARMINアプリ画面からキャプチャしたものです。 

軽い準備運動をしたため、測定が100bpm程度から始まっています。10kmランニングの平均値が150bpm程度, 最大値が最後の登坂で記録した168bpmでした。

f:id:Pertsovka_2011:20180529122558j:plain

心拍数

この測定中のランニングペースは、6分/kmを少し切るくらいのほぼ一定ペースで走りました。 

f:id:Pertsovka_2011:20180529124316j:plain

心拍数とペースのオーバーレイ

6分/kmのペース中の高低差は、ゆっくり下って上って・・・というところです。上り下りでペースが変わらないよう、速すぎ無いように注意しました。

f:id:Pertsovka_2011:20180530115135j:plain

ペースと高低差のオーバーレイ

この結果の解釈

「ランニング 心拍数」でググると、最初に上がってくるページはやはりRUNNETさんでした。いつも大会申込みでは、お世話になっております。

runnet.jp

 

それによると、先ずは最大心拍数を把握する必要があるのか・・・

本来は「ペース走の繰り返し」で把握するようですが、とりあえず計算式の

   206.9-(年齢*0.67)

から算出すると、現在49歳なので最大値は131となります。もうすぐ50歳ですけどね・・・

先のマイペース10kmラン測定結果平均値が150程度なので、年齢にしてはかなり上回っている?と思っています。

2012年に血液検査に引っかかってからここまで6年間、頑張ったなぁ

フルマラソンチャレンジに向けて

今までにハーフは経験しています(2時間程度)が、フル参戦はまだ。30kmや3時間を超えると、気持ちはあっても足が上がらなくなります。おそらくペースが早過ぎるのだと思っていますが、ペースを落として長く走るということが(性格的に?)できない。

心拍数からも、もっとペースを落とさないと駄目なのでしょう。心拍数で140bpmくらい・・・7分/km, 5時間くらいが目標なのでしょうか?

フル参戦は(仕事が落ち着いた)来年か再来年を目標に、頑張りたいと思っています。